dayjournal memo

Total 973 articles!!

Try #043 – FlutterのWebViewでマップアプリケーションを表示してみた

Yasunori Kirimoto's avatar

画像


画像




画像




FlutterのWebViewでマップアプリケーションを表示してみました!



事前準備

  • Flutterの環境準備

  • 各バージョン

    • flutter v1.20.2
    • Dart v2.9.1
    • Xcode v11.5
    • Android SDK v30.0.1
    • Android Studio v4.0
    • Visual Studio Code v1.48.1
    • flutter extension v3.13.2

Flutterの環境確認

flutter doctor -v

画像



はじめに、Flutterのプロジェクトを新規作成します。

flutter create map_app

画像



Flutterでのメインコードは、基本的に「lib/main.dart」を利用します。


全体構成

画像



プロジェクト作成後、WebViewの設定をしていきます。

  • ローカルファイルの準備
  • WebViewプラグインのインストール

ローカルファイルの準備

今回は、Mapbox GL JSを手軽に始めるビルド環境のmapboxgljs-starterをローカルファイルとして利用します。

スターターの「dist」ディレクトリ内のファイルを、「assets」ディレクトリを新規作成し格納します。

画像



WebViewプラグインのインストール

FlutterのWebViewプラグインは複数存在するのですが、今回はGoogle公式のwebview_flutterをインストールします。合わせてローカルファイルの格納パスも一緒に設定します。


pubspec.yaml

name: map_app
description: A new Flutter project.

publish_to: 'none'

version: 1.0.0+1

environment:
    sdk: '>=2.7.0 <3.0.0'

dependencies:
    flutter:
        sdk: flutter

    cupertino_icons: ^0.1.3

    # webview_flutterプラグイン追加
    webview_flutter: ^0.3.22+1

dev_dependencies:
    flutter_test:
        sdk: flutter

flutter:
    uses-material-design: true

    # HTMLディレクトリ指定
    assets:
        - assets/
        - assets/index.html
        - assets/app.js

プラグインのインストールは、Visual Studio Codeで拡張機能をいれると自動インストールされますが、下記コマンドで手動インストールも可能です。

flutter pub get

画像



iOSで動作確認したい場合は、下記の設定追記が必要です。


/ios/Runner


Info.plist

<key>io.flutter.embedded_views_preview</key>
<true/>


最後に、メインコードを書いていきます。


/lib


main.dart

import 'dart:async';
import 'dart:convert';
import 'package:flutter/services.dart';
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:webview_flutter/webview_flutter.dart';

void main() {
  runApp(MapApp());
}

// WebViewコントローラー設定
WebViewController _controller;

class MapApp extends StatefulWidget {
  @override
  _MapAppState createState() => new _MapAppState();
}

class _MapAppState extends State<MapApp> {
  String _title = 'map_app';
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'map_app',
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: Text(_title),
        ),
        body: WebView(
          // JavaScriptを適用
          javascriptMode: JavascriptMode.unrestricted,
          // WebView生成時の処理
          onWebViewCreated: (WebViewController webViewController) async {
            _controller = webViewController;
            // HTMLファイル読み込み
            await _loadHtmlFromAssets();
          },
        ),
      ),
    );
  }

  // HTMLファイル読み込み
  Future _loadHtmlFromAssets() async {
    // ローカルファイルを指定
    String fileText = await rootBundle.loadString('assets/index.html');
    String jsCode = await rootBundle.loadString('assets/app.js');
    // HTML指定
    _controller.loadUrl(Uri.dataFromString(fileText,
            mimeType: 'text/html', encoding: Encoding.getByName('utf-8'))
        .toString());
    // JavaScript指定
    await _controller.evaluateJavascript(jsCode);
  }
}

webview_flutterプラグインを読み込みます。

import 'package:webview_flutter/webview_flutter.dart';

WebViewのコントローラーを設定します。

// WebViewコントローラー設定
WebViewController _controller;

画面にWebViewを読み込みます。

body: WebView(
  // JavaScriptを適用
  javascriptMode: JavascriptMode.unrestricted,
  // WebView生成時の処理
  onWebViewCreated: (WebViewController webViewController) async {
    _controller = webViewController;
    // HTMLファイル読み込み
    await _loadHtmlFromAssets();
  },
),

ローカルファイルを読み込みます。

Future _loadHtmlFromAssets() async {
  // ローカルファイルを指定
  String fileText = await rootBundle.loadString('assets/index.html');
  String jsCode = await rootBundle.loadString('assets/app.js');
  // HTML指定
  _controller.loadUrl(Uri.dataFromString(fileText,
          mimeType: 'text/html', encoding: Encoding.getByName('utf-8'))
      .toString());
  // JavaScript指定
  await _controller.evaluateJavascript(jsCode);
}


Visual Studio Codeで「実行とデバッグ」を実行し、動作確認をします。

画像



実行するとマップアプリケーションが表示されます。今回はiOSの実機で表示してみました!

画像




FlutterのWebViewでマップアプリケーションの表示ができました!


Flutterは、GoogleのUIツールキットで、iOSやAndroid向けのアプリケーションの開発に利用されています。

FlutterでWebViewを利用するとマップアプリケーションに限らず、他のWebアプリケーションもiOSとAndroidのネイティブアプリケーションに導入できるのでゼヒ試してみて頂ければと思います!

ただ、現状ではWebViewでのマップアプリケーションとしては、動作がいまいちあやしいので実用的ではないかもしれません。ネイティブでの導入方法も今後調べてみようと思います。



Mapbox GL JSについて、他にも記事を書いています。よろしければぜひ。
tags - Mapbox GL JS



book

Q&A