dayjournal memo

Total 973 articles!!

Try #096 – QGISのプロセッシングを色々とためしてみた

Yasunori Kirimoto's avatar

img

img




QGISのプロセッシングを色々とためしてみました!

QGISのプロセッシングを利用することで、さまざまな位置情報データ処理が可能です。プロセッシングは、GUIやバッチ処理やPythonスクリプト等の方法で利用可能です。今回はGUIでの利用方法を紹介します。

今までにdayjournal memoで、ベクトル処理を中心に60種類以上を試してきました。今回はその中でもおすすめの5つを紹介したいと思います!プロセッシングは、他にもラスタ含めてさまざまな処理が可能です。ぜひチェックしてみてください!



詳細として下記について説明します。

  • 事前準備
  • BBoxデータ作成
  • 交差ポイント作成
  • 空間検索でデータ選択
  • ジオメトリの重心作成
  • 等間隔ポイント群作成


事前準備

下記リポジトリにポイント・ライン・ポリゴンのサンプルデータを格納しています。検証用にご利用ください。

Github

プロセッシングツールボックスを開きます。
QGIS起動 → プロセシング → ツールボックス
img



BBoxデータ作成

各ジオメトリのBBoxを自動で作成します。


プロセッシングツールボックス → ベクタジオメトリ → BBoxの出力

img


対象レイヤ・保存先を任意で設定し実行

img


実行結果

img


QGIS-090



交差ポイント作成

ジオメトリが交差している箇所にポイントを作成します。

プロセッシングツールボックス → ベクタオーバーレイ → 線の交差 img

対象レイヤ1・対象レイヤ2・保存先を任意で設定し実行 img

実行結果 img

QGIS-087



空間検索でデータ選択

Within関数を利用しポリゴン内に含まれるポイントを抽出します。他の関数も利用可能です。

プロセッシングツールボックス → ベクタ選択 → 場所による選択 img

対象レイヤ・空間検索方法・比較対象レイヤ・選択状態を任意で設定し実行 img

実行結果 img

QGIS-076



ジオメトリの重心作成

ジオメトリの重心にポイントを作成します。

プロセッシングツールボックス → ベクタジオメトリ → 重心 img

対象レイヤ・保存先を任意で設定し実行 img

実行結果 img

QGIS-122



等間隔ポイント群作成

指定距離の間隔でライン上にポイントを作成します。

プロセッシングツールボックス → ベクタジオメトリ → ジオメトリに沿った点群 img

対象レイヤ・距離・開始オフセット・終了オフセット・保存先を任意で設定し実行 img

実行結果 img

QGIS-095




QGISのプロセッシングについて、他にも記事を書いています。よろしければぜひ。
tags - QGIS



book

Q&A